(移転しました)

がんばる

自分用メモ「タオルケットをもう一度4海」

タオルケットにはまってます
4についての考察メモな
【重度なネタバレが入るよ】

・裏世界が完全なる対比なら、猫足昆布はどうして表でも味方だったんだろう?
→ホンモノの猫足昆布もいたじゃないか。タオル3の方が裏世界の猫足昆布だ。名前の由来も向こうの方が合ってる(足が美味しい=昆布)

・もか=ズッケはもう自分の中で確定。これが最後に判明した時は作者の神経を疑った
だってズッケは最初からゲームに出てたんだよ?こんなに時間をかけて伏線回収されると恐ろしさすら禁じ得ないわ

タイトル回収の凄まじいゲームだった。「タオルケットをもう一度」、「唐揚げたんぽぽ」、「海」…
最後の「海」、最終章の「海」は凄かったね
多分最後のステージに出て来た二人は…丘の上の二人なんだろうね

かなお氏は掃除用具のロッカーに深い思い入れがあったんだろうねえ。

シリーズ最強の敵「魚帽子」は、ただの敵じゃなくて「タオルケットシリーズという物語に対する」敵なのかもしれない
物語そのものを否定、破壊するメタ的な存在、メタ的な破壊。

考えれば考えるほど恐ろしいシナリオ構成だ…もう一周コースか?

一度時系列順に並べてみたいね。そんなこと出来るわけ無いよ。はい。

4は3〜裏までの総集編みたいな感じでしたね。素晴らしいゲームだった かなお氏のゲームは今のところ一つ残らず自分の価値観を壊している。消化不良がひどいので少し休みたいなあ…